本文へスキップ

神奈川県救急医療中央情報センターでは、医療機関・救急隊を対象に患者様の転院・搬送先の情報を提供しています。

周産期救急

 神奈川県救急医療中央情報センターでは、神奈川県周産期救急医療システムにおける基幹病院医師の負担を軽減するため、基幹病院に代わって周産期救急患者の受入医療機関を調整する周産期救急受入機関紹介業務を行っています。
 また、平成24年からは周産期搬送に係る東京都との連携体制(試行)を開始し、県内の受入病院が見つからず、やむを得ず県域を越えた搬送が必要となる場合には、当センターが東京都周産期搬送コーディネーターと搬送先の調整を行っています。

受付対象
 神奈川県周産期救急医療システムにおける基幹病院からの周産期ハイリスク患者の受入先調整。
(一般医療機関からの直接の依頼には対応しておりませんので、最寄りの基幹病院にご連絡ください。)
 神奈川県周産期救急医療システムについてはこちら

業務フロー